ぼくのりりっくのぼうよみ

BIOGRAPHY

A_13

早くより「ぼくのりりっくのぼうよみ」、「紫外線」の名前で動画サイト等に投稿を開始。 高校2年生の時、10 代向けでは日本最大級のオーディションである「閃光ライオット」に応募、ファイナリストに選ばれる。提携番組であるTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」で才能を高く評価されたことで一躍脚光を浴び、まだ高校3年生だった2015年12月、1stアルバム『hollow world』でメジャー・デビュー。

“sub/objective”や“Sunrise(re-build)”等のヒットと共に、大きな話題を集める。言葉を縦横無尽に操る文学性の高いリリックは多方面から注目を集め、雑誌「文學界」にエッセイを寄稿するなど、音楽フィールド以外でも才能を発揮している。

映画『3月のライオン』前編主題歌、資生堂「アネッサ」CMソング、テレビ東京 ドラマ25「SR サイタマノラッパー~マイクの細道~」エンディングテーマなど、立て続けに大型タイアップを担当、これまで3枚のアルバムをリリースしている。

先頃、ぼくのりりっくのぼうよみを「辞職」することを宣言、そのアーティスト活動を来年1月で終えることを公式発表した。12月12日、ラスト・オリジナル・アルバム『没落』と、ベスト・アルバム『人間』を同時リリース。